マーケティングオートメーションの定義

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションと言いますのは、マーケティング活動のオートメーション化ということを意味します。詰まるところ、マーケティングのそれぞれのプロセスにおいてのアクションを仕組化することを指します。 お礼メール送信であるとか、周期的に送信するなど、昔は人手で実施していたルーティーンに関する業務、あるいは時間と費用がかかる手間のかかる作業をテクノロジーによりオートメーション化します。ツールを活用することになれば、購入予備軍の重要な情報を一元管理できます。その結果、案件化する確率が高い商談相手のリストを営業部門に配ることができるようになるので、商談作りを合理化することができます。結果、活動において能率アップを図ることができます。

マーケティングオートメーションの特徴

マーケティングオートメーションの特長として、過去多種多様な媒体へと散らばって実行されていたマーケティング活動を、統合し管理できることです。 過去、リードジェネレーション並びにリードナーチャリングは、おのおのの異なるツールで管理されてきました。さらに、顧客に関する情報を管理しても、個々のマーケティングプロセスで活用するツールが独立していたので、こういったデーター数値を連携させることが不可能でした。以上のように、ツールごとに分けられていては、顧客情報を効果的に有効活用しきれません。 新しい顧客の獲得から、顧客予備軍の育成管理までを、一つのツールで行えることから、アクションを合理的に行なえます。従って、活動につながりを持たせる事ができ、マーケティング活動の適正化を実現できます。