マーケティングオートメーションの活用方法

見込み客の獲得が可能です

マーケティングオートメーションは、様々な活用法があります。まず、見込み客の獲得という活用法があります。マーケティング活動によりまして客の連絡先に関する情報、あるいは基本的な情報などを確保します。 見込み客に関する情報の確保手法には、オフラインであるならば展示会並びにセミナーに対する参加、営業担当者に因る名刺交換などがあります。 オンラインであるならばウェブサイトからの問合せもしくは資料請求それから、無料PDFダウンロード資料、さらにメルマガ登録などを通じて見込み客情報を確保します。 見込み客の獲得で、マーケティングオートメーションの有効性を高くするためには、ツール上のフォーム作成に関する機能を活用することが奨励できます。

見込み客の育成及び抽出ができます

マーケティングオートメーションの活用法として、収集した見込み客の買いたい気持ちを高め、見込み客を育てることがあげられます。 購入予備軍の属性並びに関心にマッチするように、実効性のあるコンテンツを的を射たタイミングで配信して、購入したい気持ちを高めます。 見込み客の育成に関しては、マーケティングオートメーションの顧客管理に関する機能並びにメール配信に関する機能それから、シナリオ機能を活用して実施します。 それから、顧客予備軍の中から、優先的にコンタクトすることが望ましい客を抽出して、営業部門へと案件という形で引き渡します。見込み客の抽出には、マーケティングオートメーションの顧客管理に関する機能並びにスコアリングに関する機能を利用して展開します。