マーケティングオートメーションが必要な理由

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは、今までマーケティングを人の力で行っていたのを、自動化するツールの事を言います。15年ほど前にアメリカで普及し始めましたが、日本では比較的新しい考え方です。バブル崩壊後も顧客の情報を一元的に管理し、長期顧客の選定をおこなう事で、リピーターを増やしたり、顧客の購買意欲向上を目指していく事を目標にしていました。
しかし、現代ではマーケティングプロセス全体を自動化するマーケティングオートメーションを取り入れるようになりました。顧客情報をシステム化し、組み入れる事で顧客との関係をシナリオ化し、獲得したユーザーを自動で分類、評価します。そうする事により顧客に合わせた施策を自動で実行します。

なぜマーケティングオートメーションが必要なのか

マーケティングオートメーションが必要な理由として、市場や顧客が多様化して、求める物が一人一人変ってきた事が挙げられます。 高度成長期の日本のマーケティングは、物が不足していました。その為、多くの人が似たような物を必要としていた為、多くの消費者にアプローチするマスマーケティングが一般的でした。個別に選定するよりも多くの人に良いイメージを持って貰う事で、他社との差別化を図り、多くの人に認められれば物が売れる時代でした。 しかし、現代は物があふれている時代になり、消費者の求める物が多様化しています。本当に必要な物(場合によってはコト消費)を消費者が選定する事態になりました。 その為、顧客一人一人に対応したワントゥーマーケティングが必要とされ、このマーケティングを効率的に行う為に、マーケティングオートメーションが必要となっているのです。